包茎治療の方法について

幼年期の男性の性器は、亀頭が陰茎(ペニス)の包皮により隠れています。
成長に伴う体の成長によりペニスが大きくなるに従って、通常は亀頭がペニスの包皮から飛び出す形になります。
しかし、身体的な何らかの理由によりペニスの先端が露出しない場合があります。
この様な状況の事を包茎と呼びますが、包皮に包まれた亀頭と包皮内側の空間に様々の汚れがたまる事が多いので、包茎が著しい場合には治療をすることが勧められます。
包茎の状態には幾つかの種類があります。
真性包茎とは、亀頭が包皮に完全に包まれていて、物理的に亀頭を露出させる事が困難な場合を指します。
この場合には、非常に不衛生になる事があり、様々の病気や炎症の原因となりますので手術による包茎治療が必要になります。
仮性包茎とは、包皮を剥く事で陰茎の先端が露出する状態を指します。
真性包茎の場合の様に深刻ではありませんので、緊急に手術の必要はありませんが手術が推奨されています。
手術による包茎治療の方法は、包皮を切断する事により亀頭を露出させるもので比較的簡単に行う事ができます。
普段下着の中の湿度の高い所にあるものですので、衛生的にしておくことが炎症や病気を気にする事なく健康的に生活するには必要です。

コメントする

すべての欄は必須項目です。メールアドレスは公開されません。